Publications


※ 以下に挙げる各研究成果の一部または全部は,総務省の戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)の支援によるものである.

査読付き誌上発表

[1] 廣森聡仁, 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, 谷口健一, "大規模シミュレーション向けのルーティングテーブル容量の削減", 情報処理学会論文誌Vol. 45 No. 4 pp1134-1143(2004年4月) pdf
[2] 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, "モバイルネットワークアプリケーションの現実的評価を可能とするシミュレータ MobiREAL の設計構想", 静岡大学情報学研究紀要 pp117-125(2004年9月) pdf
[3] Masashi Saito, Mayuko Funai, Takaaki Umedu, Teruo Higashino, "Inter-vehicle Ad-hoc Communication Protocol for Acquiring Local Traffic Information", Proceedings of the 11th World Congress on ITS(CDROM)(2004年10月) pdf
[4] Akira Mizumoto, Hirozumi Yamaguchi, Kenichi Taniguchi, "Cost-Conscious Geographic Multicast on MANET", Proceedings of the 1st IEEE International Conference on Sensor and Ad Hoc Communications and Networks(SECON2004)pp44-53(2004年10月) pdf
[5] 梅津高朗, 安本慶一, 中田明夫, 東野輝夫, "マルチランデブに基づくグループ通信機能を提供するJavaミドルウェアの提案", 情報処理学会論文誌 Vol. 45 No. 11 pp2519-2527(2004年11月) pdf
[6] 西垣弘二, 安本慶一, 梅津高朗, 東野輝夫, 伊藤実, "コンテキストに基づいたグループ形成とグループ通信機能を提供する携帯電話向けミドルウェア", 情報処理学会論文誌 Vol. 45 No. 12 pp2666-2677(2004年12月) pdf
[7] Masashi Saito, Jun Tsukamoto, Takaaki Umedu, Teruo Higashino, "Evaluation of Inter-Vehicle Ad-hoc Communication Protocol", Proceedings of the 19th International Conference on Advanced Information Networking and Applications(AINA2005)pp78-83(2005年3月) pdf
[8] Teruo Higashino, Hirozumi Yamaguchi, Keiichi Yasumoto, Keiichi Shimada, "Toward Future Innovation of Mobile Communication Systems −Current Requirements for Research−", Proceedings of the 2nd International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU2005) pp2-7 (2005年4月)(招待論文・基調講演) pdf
[9] Kazuki Konishi, Kumiko Maeda, Kazuki Sato, Akiko Yamasaki, Hirozumi Yamaguchi, Keiichi Yasumoto, Teruo Higashino, "MobiREAL Simulator -- Evaluating MANET Applications in Real Environments --", Proceedings of the 13th IEEE International Symposium on Modeling, Analysis, and Simulation of Computer and Telecommunication Systems (MASCOTS2005) pp499-502(2005年9月) pdf
[10] Teruo Higashino, Hirozumi Yamaguchi, "A Testing Architecture for Designing High-Reliable MANET Protocols", Proceedings of the 25th IFIP WG 6.1 International Conference on Formal Techniques for Networked and Distributed Systems (FORTE2005) pp20-23(2005年10月)(招待論文・基調講演) pdf
[11] Kumiko Maeda, Kazuki Sato, Kazuki Konishi, Akiko Yamasaki, Akira Uchiyama, Hirozumi Yamaguchi, Keiichi Yasumoto, Teruo Higashino, "Getting Urban Pedestrian Flow from Simple Observation: Realistic Mobility Generation in Wireless Network Simulation", Proceedings of the 8th ACM/IEEE International Symposium on Modeling, Analysis and Simulation of Wireless and Mobile Systems (MSWiM2005) pp151-158(2005年10月) pdf
[12] 齋藤 正史, 塚本 淳, 船井 麻祐子, 梅津 高朗, 北岡 広宣, 寺本 英二, 東野 輝夫, "先行経路上の道路情報取得用アドホック通信プロトコルの開発", 情報処理学会論文誌 Vol.46 No.11 pp2695-2703 (2005年11月) pdf
[13] 前田久美子, 小西一樹, 佐藤和基, 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, "現実的なシミュレーションシナリオが記述可能な無線ネットワークシミュレータMobiREAL", 情報処理学会論文誌 Vol.47 No.2 pp405-414(2006年2月) pdf
[14] Takaaki Umedu, Hiroaki Urabe, Jun Tsukamoto, Kazuki Sato, Teruo Higashino, "A MANET Protocol for Information Gathering from Disaster Victims", Proceedings of the 2nd IEEE PerCom Workshop on Pervasive Wireless Networking(PWN 2006)pp447-451(2006年3月) pdf
[15] 塚本 淳, 齋藤 正史, 梅津 高朗, 東野 輝夫, "先行道路情報取得プロトコルRMDPの設計と評価", 情報処理学会論文誌 Vol.47 No.4 pp1248-1257(2006年4月) pdf
[16] Weihua Sun, Hirozumi Yamaguchi, Shinji Kusumoto, "A Study on Performance Evaluation of Real-time Data Transmission on Vehicular Ad Hoc Networks", Proceedings of the 2006 International Workshop on Future Mobile and Ubiquitous Information Technologies (FMUIT'06) CD-ROM(2006年5月) pdf
[17] Weihua Sun, Hirozumi Yamaguchi, Koji Yukimasa, Shinji Kusumoto, "GVGrid: A QoS Routing Protocol for Vehicular Ad Hoc Networks", Proceedings of the 14th IEEE International Workshop on Quality of Service(IWQoS2006)pp130-139(2006年6月) pdf
[18] Naoki Shibata, Takashi Terauchi, Tomoya Kitani, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito, Teruo Higashino, "A Method for Sharing Traffic Jam Information using Inter-Vehicle Communication", Proceedings of the 2nd International Workshop on Vehicle-to-Vehicle Communications(V2VCOM 2006) CD-ROM (2006年7月)(招待論文) pdf
[19] 孫為華, 山口弘純, 楠本真二, "安定性の高い経路を構築する車車間ルーティングプロトコル", 情報処理学会論文誌 Vol. 47 No. 7 pp2141-2150 (2006年7月) pdf
[20] Kumiko Isu, Takaaki Umedu, Teruo Higashino, C K Toh, "Detecting Dangerous Vehicles on Intelligent Transportation Systems", Proceedings of the 1st IEEE Workshop on Automotive Networking and Applications(AutoNet 2006)pp17-22(2006年12月) pdf
[21] Akiko Yamasaki, Hirozumi Yamaguchi, Shinji Kusumoto, Teruo Higashino, "Mobility-aware Data Management on Mobile Wireless Networks", 2007 IEEE 65th Vehicular Technology Conference (VTS2007spring)pp679-683(2007年4月) pdf
[22] Akira Uchiyama, Sae Fujii, Kumiko Maeda, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi, Teruo Higashino, "Ad-hoc Localization in Urban District", Proceedings of IEEE Infocom2007 Mini-symposium(2007年5月) pdf
[23] Kazuki Konishi, Hirozumi Yamaguchi, Teruo Higashino, "Efficient Parallel Simulation of Mobile Wireless Networks by Run-time Prediction of Multi-hop Propagation Delay", Proceedings of the 2007 3rd International Conference on Testbeds and Research Infrastructures for the Development of Networks and Communities (TridentCom2007)(2007年5月)(印刷中) pdf
[24] Junya Fukumoto, Hirozumi Yamaguchi, Shinji Kusumoto, "A Contact-based Hybrid Routing Strategy for Mobile Wireless Networks: Protocol Design and Applications", Proceedings of the IEEE International Symposium on a World of Wireless, Mobile and Multimedia Networks (WoWMoM2007)(2007年6月)(印刷中) pdf
[25] Akira Uchiyama, Kumiko Maeda, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, "Performance Evaluation of Mobile Wireless Communication and Services with Modelling of Real Environment", International Journal of Ad Hoc and Ubiquitous Computing (IJAHUC), Inderscience Publishers(印刷中) pdf
[26] Masashi Saito, Jun Tsukamoto, Takaaki Umedu and Teruo Higashino, "Design and Evaluation of Inter-Vehicle Dissemination Protocol for Propagation of Preceding Traffic Information", IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems(印刷中) pdf
[27] 前田久美子, 梅津高朗, 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, "ネットワークシミュレータMobiREALを用いたモバイルアドホックネットワークシステムの開発環境", 情報処理学会論文誌(印刷中) pdf

口頭発表

[1] 前田久美子, 佐藤和基, 小西一樹, 内山彰, 廣森聡仁, 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, "携帯端末の現実的な移動モデルを表現可能なネットワークシミュレータの設計と実装", 情報処理学会研究報告Vol. 2003 No. 119 pp21-27(札幌市)(2004年9月2日) pdf
[2] 佐藤和基, 内山彰, 廣森聡仁, 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, "現実世界の人物行動に即した移動モデルの検討とモバイルアドホックネットワークシミュレータへの応用", 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演集(CDROM)(徳島市)(2004年9月24日) pdf
[3] 小西一樹, 内山彰, 廣森聡仁, 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, 谷口健一, "MANETアプリケーション向けのシミュレータMobiREALの実装に関する検討", 情報処理学会研究報告Vol. 2003 No. 31 pp55-62(宮崎市)(2004年11月11日) pdf
[4] 塚本淳, 斉藤正史, 梅津高明, 東野輝夫, "行先道路情報取得プロトコルRMDPの評価と車々間・路車間通信混在環境への対応", 情報処理学会研究報告Vol. 2004 No. 114 pp149-156(宮崎市)(2004年11月12日) pdf
[5] 寺内隆志, 柴田直樹, 安本慶一, 東野輝夫, 伊藤実, "車車間通信を用いた渋滞解消ナビゲーションシステムの提案", 情報処理学会研究報告 Vol. 2005 No. 33 pp7-12(吹田市)(2005年3月22日) pdf
[6] 小西一樹, 廣森聡仁, 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, 谷口健一, "モバイルワイヤレスネットワークシミュレータMobiREALの並列実行による大規模シミュレーションの検討", 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2005) シンポジウム論文集 pp493-496(花巻市)(2005年7月7日) pdf
[7] 佐藤和基, 前田久美子, 山崎亜希子, 内山彰, 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, "現実的な環境下でMANETシステムを性能評価するための無線ネットワークシミュレータMobiREAL", 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2005) シンポジウム論文集pp. 589-592(花巻市)(2005年7月7日) pdf
[8] 前田久美子, 佐藤和基, 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, "LP手法を用いた都市歩行者モビリティモデルの形成", 情報処理学会研究報告 Vol. 2005 No. 89 pp41-46(東京都)(2005年9月6日) pdf
[9] 寺内隆志, 柴田直樹, 安本慶一, 東野輝夫, 伊藤実, "渋滞緩和を目的とした車車間通信による混雑状況の伝播方式", 情報処理学会研究報告 Vol. 2005 No. 89 pp71-76(東京都)(2005年9月6日) pdf
[10] Teruo Higashino, "Future of Mobile and Ubiquitous Computing", Proceedings of the First International Workshop on Network Architecture and Service Models(NASM 2005)(中華人民共和国, 上海)(2005年11月22日)(基調講演) pdf
[11] 小西一樹, 山口弘純, 安本慶一, 楠本真二, 東野輝夫, "現実的なノードモビリティを考慮したワイヤレスネットワークシミュレーションの並列実行", 第13回DPSワークショップ論文集 pp11-15(那覇市)(2005年11月30日) pdf
[12] Hirozumi Yamaguchi, Takaaki Umedu, Teruo Higashino, "Mobility Aware Design of Services on Mobile Wireless Ad-hoc Networks", 情報処理学会第13回DPSワークショップ論文集pp214-218(那覇市)(2005年11月30日) pdf
[13] 内山彰, 佐藤和基, 塚本淳, 山口弘純, 東野輝夫, "遭遇する移動ノード間での位置推定に基づく測位手法GoPSの提案と評価", 電子情報通信学会第3回アドホックネットワーク・ワークショップ予稿集 pp(6-5)-(6-8)(広島市)(2006年1月24日) pdf
[14] 内山彰, 山口弘純, 梅津高朗, 東野輝夫, "遭遇端末の位置情報と地理情報を併用した高精度な位置推定手法の提案と評価",情報処理学会研究報告(情処技報)Vol.2006 No.50 pp13-18(那覇市)(2006年5月18日) pdf
[15] 行政幸治, 孫為華, 山口弘純, 楠本真二, "道路特性に基づき生存時間の長い経路を構築する車車間ネットワーク向けマルチキャストルーティングプロトコル", マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集 pp101-104(香川県仲多度郡)(2006年7月5日) pdf
[16] 孫為華, 山口弘純, 楠本真二, "グループ走行支援のための車車間位置情報ルーティングプロトコル", マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集 pp105-108(香川県仲多度郡)(2006年7月5日) pdf
[17] 井須 久美子, 内山 彰, 塚本 淳, 梅津 高朗, 東野 輝夫, 車車間アドホック通信を用いた危険車両情報の共有とそれに基づく検出手法の提案, マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集 pp109-112(香川県仲多度郡)(2006年7月5日) pdf
[18] 榎本真, 柴田直樹, 安本慶一, 伊藤実, 東野 輝夫, MANET上での情報検索のための需要に基づいた情報複製配置方式, マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集 pp137-140(香川県仲多度郡)(2006年7月5日) pdf
[19] 新川崇, 寺内隆志, 木谷友哉, 柴田直樹, 安本慶一, 東野輝夫, 伊藤 実, "車車間通信を用いた渋滞情報収集システムにおける情報伝播方法の改善", マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集 pp225-228(香川県仲多度郡)(2006年7月5日) pdf
[20] 浦部弘章, 内山彰, 梅津高朗, 東野輝夫, "周辺端末密度推定に基づきレプリカ数を調整するMANET用災害時情報収集システムの提案", マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集 pp245-248(香川県仲多度郡)(2006年7月5日) pdf
[21] 山崎亜希子, 山口弘純, 楠本真二, 東野輝夫, 歩行者の移動特性を考慮した無線マルチホップ通信による情報散布の一手法, マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集 pp141-144(香川県仲多度郡)(2006年7月5 日) pdf
[22] 福元淳也, 山口弘純, 楠本真二, "モバイルアドホックネットワークにおける遭遇ベースのルーティングプロトコルに関する検討", マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集 pp261-264(香川県仲多度郡)(2006年7月5日) pdf
[23] 前田久美子, 梅津高朗, 山口弘純, 安本慶一, 東野輝夫, "ネットワークシミュレータMobiREALを用いたモバイルアドホックネットワークシステムの開発環境", マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集 pp397-400(香川県仲多度郡)(2006年7月5日) pdf
[24] 中村雅俊, Thilmee Malinda Baduge, 山口弘純, 東野輝夫, "モバイルアドホックネットワーク向け経路制御プロトコルの性能試験に関する検討", マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集 pp541-544(香川県仲多度郡)(2006年7月6日) pdf
[25] 山崎亜希子, 山口弘純, 楠本真二, 東野輝夫, "ノードの移動フローを考慮したMANET上での情報共有方式とその評価", 情報処理学会研究報告(情処技報)Vol.2006 No.120 pp169-176(広島市)(2006年11月17日) pdf
[26] 藤木 健之 , 桐村 昌行 , 梅津 高朗 , 東野 輝夫, 車車間通信とクエリを併用した効率的な道路情報取得手法の提案とその評価, 第14回マルチメディア通信と分散処理(DPS)ワークショップ論文集 pp43-48(霧島市)(2006年11月29日) pdf
[27] 藤井彩恵, 内山彰, 前田久美子, 梅津高朗, 山口弘純, 東野輝夫, "少ない基準位置情報を移動無線端末間で補完する都市部向け位置推定手法の提案", 第14回マルチメディア通信と分散処理(DPS)ワークショップ論文集 pp67-72(霧島市)(2006年11月29日) pdf
[28] 浦部弘章, 内山彰, 梅津高朗, 東野輝夫, 田坂和之, "現実的モビリティを考慮した災害時における情報収集法", 情報処理学会研究報告(情処技報)Vol.2007 No.28 pp47-54(習志野市)(2007年3月16日) pdf

申請特許

[1] 東野輝夫, 山口弘純, 安本慶一, 移動ノードシミュレータおよびこれを実装するプログラム(特願2004-253457), 日本, 2004年8月31日
[2] 同上(PCT/JP2005/015774), PCT国際出願, 2005年8月31日